[6/13 ブラアイチin半田 限定販売] 半田謹製 江戸の薫りすし
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

[6/13 ブラアイチin半田 限定販売] 半田謹製 江戸の薫りすし

¥650 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

この商品は2021年6月13日に実施されるまちあるきイベント「ブラアイチin半田」限定の特別商品です。商品は当日のお渡しとなります。商品の発送は行っておりません。 [ ブラアイチ in 半田 ] https://www.handa-kankou.com/event/7894/ [ 江戸の薫りすし ] ほんのり赤みがかったすし飯には、江戸時代からの伝統製法が生きる逸品、純米粕酢 三ツ判®山吹®を使用。 江戸時代に発展した握りすしの歴史と文化に思いを馳せながら、ぜひ一度ご賞味ください。 [ 半田とすしのストーリー ] 半田には、「握りすし」の発展にとってとても重要な歴史的なストーリーがあります。 酒造が盛んだった尾州半田(現:愛知県半田市)の造り酒屋・初代中野又左衛門(ミツカン創業者)は、江戸での「早すし」の流行を知り、酒造工程で生まれる廃棄されていた酒粕を用いて「粕酢」を生み出しました。 中でも特に高品質なものを「三ツ判®山吹®」として販売すると、江戸の寿司職人に高く評価され、またたく間に広く知られる銘品に。 それまで「すし」は高価な米酢を使う上流階級の食べ物でしたが、米酢より安価で芳醇な味わいの「粕酢」の登場により、庶民にも親しまれるようになりました。 こうして握りすしは、日本そして世界中で親しまれる食べ物となったのです。 半田とすしのストーリーについて(尾州早すし編) https://www.handa-kankou.com/feature/bishuhayasushi/